アンプ・スピーカー切替機

若いころからのアマチュア無線仲間でオーディオを楽しんでいます。自作のアンプやスピーカーが完成するとマッキントッシュとJBLスピーカーのある友人宅に持ち込んで試聴会を開くのが習わしになっています。試聴会では切替機が活躍します。

いつの間にか私もアンプやスピーカーの数が増え、自宅で切替機の必要を感じるようになりました。制作者の友人H氏の「一台分の部品のストックがある」という言葉が私の頭の中で次第に大きくなり、ついに製作に至りました。

amp sp selector m 使用中の切替機です。
アンプ3台、スピーカー2組の遠隔及び手動での切り替えが出来ます。メーター間の小さい黒丸が赤外線の受光窓です。

ソース切り替えは手動の5回路です。

VUメーターはサイン波で100%の指示位置が2Wになるように調整してありますが、かなり大きな音で鳴らしても針はほとんど振れません。1Wへの変更を考えています。
amp sp selector back m 製作中のシャシー(タカチSL88-37-23SS)の様子です。シャシーは穴あきでの納品もあると聞きましたが、懐具合の関係で自分で開けることになりました。

紙の上では整然と並んだ取り付け穴ですが、ポンチ打ちと実際の穴あけ作業の結果はアバウトになりました。手作業でこれ以上の精度は難しいです
amp sp selector inside m2 配線後のシャシー内部です。
左上から
①DC12Vスイッチング電源
②メーターアンプ
③リモコン信号処理基板とプログラム基板(二段重ね)
④スピーカー及びアンプ切り替え用リレー基板
⑤入力切り替え用リレー基板です。

製作後記

いまさらながら真空管アンプの配線作業とデジタル信号処理基板の細かい配線作業との違いを思い知ることになりました。
切り替え操作は快適ですが、使い始めてすぐにトラブルがありました。
当初リレー不良を疑いましたが、原因はバナナプラグの少し膨らんでバネになっている部分と心棒との間の接触不良だったようです。安物をいつまでも使っているからでしょうか。
この切替機の最初の仕事は別ページにあるバスレフスピーカーとバックアンロードホーンスピーカーの聴き比べでした。普段よく使う機能はソースの切り替えです。

失敗メモ
今回の製作における失敗はシャシーの裏パネルにあるACインレット用の穴のサイズです。ヤスリがけで仕上げたのですが、ついつい削り過ぎてしまい、内側にアルミ板を一枚追加しました。油断は禁物です!

製作後記 2

完成後一年ほどして時々音が途切れるという動作不良を起こすようになりました。
20170318before total 最初てっきりリレーの不具合だと思ったのですが、原因は自分が行った半田付けの不良でした。

振り返ってみると、当初の不具合にも関係していた可能性大です。

ガックリです。症状が出ても適当にリレーを動作させるとすぐに回復し、また症状がいつも出るわけではないため、原因追及には長期間かかりました。

若い頃から何年もやって来た半田付けです。まさかと思いましたが、放熱効果が大きい両面基板という部品を初めて使用したことによる経験不足が原因でした。

新しく学習した目で見てみると半田付け不良が疑われる場所は何カ所もありました。

不良箇所と思われるところを再度丁寧に半田付けし、切替器は正常に機能するようになりました。

写真上:半田付け不良があった基板の一つです。赤い円の箇所が典型例です。
写真中:拡大した修理前の不良箇所です。左側が不良箇所です。加熱不足で半田付けが不十分です。
写真下:修理後の様子です。確実に半田付け出来ているのが分かります。
before enlarged
after enlarged

ページトップへ