ボールタップリンク
ball tap linkss


outer tank わが家はかつては水道の圧力が低くなる町内のはずれにありました。家を新築した時、この問題を解決するために加圧ポンプを設置しました。
長年使っていますが、或る時このタンク内のボールタップの損傷で漏水が発生しました。水道の検針員「漏水してませんか?」と聞かれ、見つけました。
(かつて2回、同じように聞かれて他の漏水を修理した経緯があります。検針員さん、いつもありがとう。)
ball tap inside tank タンク内のボールタップです。因みにこれは修理後の写真です。
リンクの一部が損傷し、水位が上がっても栓が閉じず、オーバーフローしていました。
broken link arm 壊れたリンクの一部です。材質は分かりませんが、もろい(経年変化でそうなった?)金属のようでした。
material ホームセンターで部品を削り出せる材料を探しました。ステンレス製の扉の閂(かんぬき)受けです。サイズ、厚さ共に条件に合っていました。
scraping 型を写し、ディスクサンダーで大まかな形に削っているところです。
replica made 穴あけ、ヤスリがけをして水に強い部品がほぼ完成しました。
形が少し異なっていますが、支点、力点、作用点の位置関係は同じです。
reassembled 組み立てて完成しました。ついでにタンク内を清掃し、キッチンハイターで消毒しました。
ハイターのにおいを消すため水を張って数日放置した後使用を開始しました。
修理後は順調に機能を果たしています。

    修理後記

なんでこんな所が折れるのか?と原因が分からずスッキリしませんでしたが、壊れたらまた直せばいいやとホームセンターとネットで部品が入手可能かどうか調べました。残念ながら売っているのはボールとリンクが一体となったアッセンブリ―(=ボールタップ)だけでした。折れたアームだけを交換できる部品は販売されていませんでした。
小さな部品なので材料さえあれば削り出せると考え、ホームセンターでの材料探しをしました。後は上に書いた通りです。
ページトップへ