スピーカー(バックアンロードホーン)その2

スピーカー(バックアンロードホーン)の製作 -その2-


SC-F107SGs 左の写真にあるDENON SC-107SGをバックアンロードホーンスピーカーに改造しました。
近所の超先輩オーディオマニア?K氏に刺激されて作った後面開放スピーカーの伸びやかな開放音を知ってからはその籠った音が聞けなくなり、長らくお蔵入りになっていました。
今までの工作の残材と不使用品を有効利用すべく、改造してバックアンロードホーンスピーカーの可能性を試してみました。私にとってスピーカーづくりの集大成です。


製作工程

cone with funnel 今回の主な材料は次の通りです。
1.敷物の芯に使われている径約80mmのボール紙のパイプ
2.塩ビパイプ(呼び径130)
3.今までの製作で出来た合板の残材

写真はボール紙のパイプを先細りにしたコーンにエアーファンネルを付けたところです。
キャビネット底面に垂直につけるため、塩ビパイプを直角に切る冶具を作りました。

トリマーで塩ビソケットを切っているところです。ローラーのガタのため簡単には精度が出ず苦労しました。
cabinet hole cut キャビネットに穴を開けているところです。元には戻せないので覚悟の穴あけです。キャビネットの素材は木の繊維を熱圧縮して成型したものでした。

下にあるのは板などを固定、保持するために作ったものです。私の工作では出番の多い道具です。
SC-F107SG ready キャビネットにソケットを取り付けた状態です。何とか垂直且つ丈夫に取り付けられました。ソケット取付穴は軽く叩いてはめ込むサイズにするのがポイントです。

中に見えるのはネットワークの一部です。しっかりと作られていて感心しました。
ページトップへ
吸音材を貼り付けたホーン内部です。
上は穴を開けた残材を利用した基台内部です。コーンの下端が少し広いスペースに顔を出す形になりました。
左下はコーン内部を上方向に見たものです。細い部分は吸音材を張れないので中心にぶら下げた形になっています。
horn top inside キャビネットがかぶさるように乗っかるホーン頭頂部です。吸音材の上端がキャビネット内側の底面の位置です。
置き場所を選ばないよう、キャビネットは水平方向に自由に回転できるようにしました。ソケットが回るようにするため、パイプの外側を木工用ヤスリで肉削ぎしてあります。ガタが出ないようにするため根気と時間のかかる作業でした。
horn painted 側面から見た塗装乾燥中のホーンです。
上部の出っ張りは内蔵したコーンのスロート部です。虫が入らないようネットを付けました。
基台は後面開放型スピーカーを作った時の残材利用です。
finish ダイニングに置いたDENON SC-107SG改バックアンロードホーンスピーカーです。高さは座った時の大人の耳の位置に近くなるようにしてあります。
キャビネットの向きを自由に決められるようにした理由がお分かりになると思います。


評 価

籠った感じは全く無くなりました。会心の出来映えに満足しています。
大きな部屋での大音量重低音用途には向きませんが、狭い部屋では十分以上の音量が出せます。アンロードホーンの(消音)機能はよく働いているようで、クリアーで深みのある臨場感にあふれた音が出るスピーカーになりました。
深夜のFM放送など、いつまでも聴いていたくなります。このままで十分楽しめますが、別ページの「バックアンロードホーン(その1)」で紹介したようにキャビネット質量をもっと大きくすれば、大音量も出せそうです。入力容量は60Wと書いてありますので電力容量はしっかり余裕があります。
ページトップへ