QUARTZ CLOCK MOVEMENT CLEANING
clock frontss

クォーツ時計の分解、清掃の記録です。思っていたよりスムーズに行えましたので工程を紹介します。

clock front 我が家の居間で使っているクォーツ時計です。電池を交換しても時間が遅れるようになってきました。これまでは寿命が短くて修理できないものだと思いこみ、いくつかのクォーツ時計を廃棄してきました。今回は駆動部のユニット(ムーブメントというそうです)の交換を思い立ち、ネットで調べてみました。
安いものは450円ぐらい。鳩時計用のもので1200円から1300円ぐらいで売られていることがわかりました。同時にムーブメントの分解、クリーニングを紹介するページが見つかり、こちらを先に試してみることにしました。
mat 作業の前に出来る限り机の上、周りの埃を取り除き、写真のようにキズ防止用のクッションを用意しました。
ちなみに作業をした日は小雨が降っており、ホコリの少ない日で都合がよかったと思っています。
clock back 最初に裏蓋を外します。裏蓋は黄色の円で示した6ヶ所のねじで取り付けられていました。
ドライバーは細軸のものが必要でした。写真は電池交換用の蓋と電池を外したところです。
ページトップへ
hook face cover 裏蓋の次に文字盤の前のガラスを外します。写真(左)の緑の円で示したアルミのガラス押さえの爪6個を起こして外します。

写真(右)ははずれたガラスと同押さえ金具です。。
detach hand 次は針の取り外しです。針は単純にはめ込んであるだけですが、抜くには少々力が必要です。私の場合は写真のようなペンチを使いました。
微妙にこじりながら力を入れ、且つゆっくりと軸方向に引っ張ります。針を痛めないように気をつけます。
detach nut 針が取り外せたらいよいよムーブメントを外します。専用のドライバーはないので、針を取り外した時のペンチでナットを回しました。文字盤に傷を付けないように細心の注意を払います。
中心部分をくりぬいた厚紙で文字盤プロテクターを作ろうとも思いましたが、面倒なので止めました。
movement detached 外れたムーブメントです。
文字盤とムーブメントは間に装着されていたゴムのワッシャーで軽く癒着していました。お陰でナットを外してもムーブメントは落ちませんでした。
ページトップへ
open movement ムーブメントの分解をします。
私の場合は写真のようにマイナスドライバーでムーブメントのカバーをこじ開けました。
反対側も同様にこじ開けますが、一度に外さず、交互に少しずつ外すとカバーに傷が付きません。
movement inside ムーブメントの中の様子です。
念のためここからはビニール手袋をはめての作業です。
各歯車の位置、裏表を覚えておきます。
歯車は軽いので、とばさないように気をつけます。
movement cover and wheels 外した歯車です。ムーブメントのカバーにまとめました。
movement coil 歯車類を外すとこの写真部分が抜き取れます。
クォーツ時計の心臓部に相当するコイルと回転子(緑の円の中)です。
回転子は小さく、すぐ外れるので落とさないように要注意です。

以上ですべての分解が終了です。
air duster クリーニング
写真はクリーニングに用いたスプレー式ダスターです。これで各歯車、軸受けをクリーニングします。
見た目には変化はありません。
クリーニングが終わったらムーブメントを組み立てます。特に無理しなくても各部品は元通りに納まりました。
fitting guide 組み立てたムーブメントを元の位置に取り付けますが、写真のようにガイド(黄色い円の中の突起)があり、間違える心配はありませんでした。

あとがき

クリーニング後、時計は元気よく動き出しました。まだ結論を出す段階ではありませんが、クリーニングして三日経ちますが、別の電波時計と同じ時刻を刻んでいます。
当初、値は張ってもより耐久性のあるムーブメントをと探しましたが、ネットで見る限りムーブメントに関しては特に耐久性に優れたものというのはないようです。有るのでしょうが、ネット市場では選びようがありません。
これまで動かなくなったクォーツ時計は修理できないと思っていましたが、先ず分解・クリーニングを試し、ダメだったらムーブメントの交換で再生できることがわかりました。
その後の経過報告
4ヶ月後、残念ながら遅れだしました。電池を交換したところ正常になりましが、直ぐにまた遅れだしました。朝晩かなり冷え込んだ時期です。原因はローター軸と軸受けの摩耗でしょうか?ムーブメント交換するかどうするか思案中です。
ページトップへ