コンパス拡大器
fin version expanded compasses

直径40cmの大きな円を描く必要が生じ、コンパス拡大器なるものを作りました。

fin version expanded compasses 写真は最終形状の拡大器に市販のコンパスを取り付けた状態のものです。
材料は
1. コンパス
2. 断面がコの字型のアルミアングル
3. デスクトップパソコンに使われるスチール製の増設スロットの蓋
  加工して先を尖らせ、焼き入れしました。
4. プラスチック材料(今回は細いパイ部等の固定用を改造)
5. ビス、ナット類
以上です。
expanded compasses1 最初、写真の上部にあるにある穴の空いたステンレスの板を用いました。丈夫そうでしたがたわみが生じるため、しっかりとした円が描けませんでした。

そこで断面がの字型のアルミアングルの登場となりました。
半径の固定という面では結果は上々でした。
しかしアルミアングルが長すぎると少し小さい円が描きにくいことが分かり、最初の写真にあるように支点の位置を変更できるようにしました。
支点用のスチール板はコンパスの腕の長さ以下にすべきでした。
top view expanded compasses 写真は支点取付穴増設前の上から見た様子です。
コンパスはプラスチック片で押さえて固定します。ビスを回して絞めたり緩めたりします。
つまみ等は設けてありません。描く円が大きいためでしょうかこのままで使用感に問題は有りません。


ページトップへ