エスティマ ダッシュボードポケットの蓋
estima dashboards



dashboard ある日突然ハンドル奥のポケットの蓋が開かなくなりました。中にETCのユニットがはいっています。
今はしなくなりましたが、以前遠出の時、高速料金を節約するため複数のカード交換しながら走っていました。時には慌ててカードを交換していたため、知らないうちに無理な力が加わっていたようです。

故障の原因はバネが折れたからだと思い、サービス担当の方にバネの交換を頼んだところ、「構造上ユニット交換になると思います」と言われた。部品の値段は1万5千円ぐらいとのことでした。何か月分もの小遣いが無くなるので開け方を教えてもらい、修理に挑戦してみました。
points circleds 外したポケットの裏側です(写真は修理後のものです)。
赤とピンクの円の中にある各支点が損傷し、赤丸部分のスプリングが効かなくなっていました。
原因は、ふたが開き過ぎないようにするストッパー(黄色の円の部分)が支点に近すぎて(?)過負荷が加わって支点が壊れたと判断しました。
red circled 接着剤で割れた部分を修復し、スプリングには内側にアルミパイプを加工して作ったスリーブを入れ、脱落防止ワッシャーをはめてボルト止めにしました。
yellow circled 反対側も同様に修理しました。
黄色い円の部分が私が言うストッパーです。繰り返しますが、支点に近すぎませんか設計氏さん。
stopper 同様の損傷予防対策として支点からより離れた位置に金属のストッパーを追加しました。
ポケットを元の位置に戻して修理完了しました。
結果は△でした。ポケットの開き方が以前のようにシャキッとはしていません。開く角度も小さくなってしまいました。
が、とりあえずボタンを押せば開くようになりましたので、これで良しとしました。当分持ちそうです。今度壊れたら交換します。

   修理後記

ポケットに使われている材質はかなりもろい(粘りのない)プラスチックでした。軽くて全体としてはしっかりしていますが、上に書いたように支点など一部分に負担がかかるとその部分が簡単に割れる作りです。スプリングがはまっている右側の支点など、負担を考慮して少し厚くしてあれば今回のような損傷は起きなかったでしょう。コストダウン優先の作りを確認した修理となりました。
ページトップへ