庇(ひさし)のペンキ塗り
estima dashboards



foothold1-1 家の南側の庇のペンキ塗りをしました。家を建てて以来初めての庇の手入れです。
もっと早くすべきでしたが、遅まきながら庇の延命を図ることにしました。

今回の手入れは家の南側の2か所です。写真は1階部分の庇用に足場を組んでいるところです。脚立とはしごを使い、横揺れ防止に竿を使って庭の柿の木に連結しました。
foothold1-2 足場板を上から見たところです。車庫のスレート屋根用に作った足場板の利用です。この上に立ち、身体を軒先に預けたり、手で軒端をつかんだりしてさび落としやペンキ塗りをしました。

年もとっているので、安全のためにもっとしっかりした足場を組むべきですが、それもまた大変ですのでどうしてもいつも少し冒険をすることになります。
half painted 写真はさび落としをしてペンキを塗っているところです。ペンキ塗りの作業よりもさび落としの方が面倒で時間もかかります。
done1 塗り終わりました。
too late1 一ヶ所手遅れのところがあります。トタンだけでなく、下の木の板も朽ちています。本格的には庇の取替が必要ですが、今回は取り敢えず延命措置を施して様子見です。

次は少々厄介な二階部分の庇です。ここも一ヶ所朽ちたところがあるので、少しでも早くと同時に対処することにしましが、準備することも多く、実際は気が重かった作業です。
ladder catch 色々考えた末、ベランダの手すりを利用して足場を作ることにしました。 作業道具はベランダにはしごをかけて運び上げることにしました。

梯子をしっかりと固定するため、残材を利用して写真のような「はしご留め」を作り、ベランダに取り付けました。
ベランダの手すり部分に縛ってある板は、ずれ防止に裏側に手すりを挟む形の桟をねじ止めしてあります。この「はしご留め」のお陰で作業は効率よく、安全に進められました。
foothold ベランダの手すりの上に取り付けた足場板です。要所をビニールロープで縛り、中央部一ヶ所にぐらつき防止のつっかい棒(手すり中央部の黒い木材)を取り付けてあります。
ここで大失敗を一つしでかしました。ビニールロープで縛る時に足場板を一枚落としてしまったのです。結果は次の写真です。

下の左の写真のように瓦が二ヶ所割れました。
ペンキ塗り作業の後、右の写真のように補修しました。予備の瓦はあるのですが、はめ替えるには周りの瓦も大きくずらさなければなりません。思案の結果、今回は接着剤で補修し、様子を見ることにしました。
針金とビニールテープで接着の養生中です。
tile broken tile fixed
ready to be painted さび落とし完了の様子です。ここまでくるとあと一息です。
下から見るのと違い、かなり高所感のある高さです。

さび落としには主に回転ワイヤブラシを使いましたが、高所なので片手は常に庇の端をつかんでいる必要があり、ドリル操作は残ったもう一方の手でしなければならず、今回のペンキ塗りでは最難関の作業でした。
painting 作業中の様子です。

カミさんに撮ってもらいました。こうして見ると何でもないようですが、本人は足を踏み外したり、物を落としたりしないようにと全神経を尖らせての作業です。
too late 残念ながらこの庇にも一ヶ所錆びて穴が開いてしまっています。

裏側のさびもできる限り落とし、丁寧にペンキを塗っての延命措置です。
done 完成です。
右端から塗り始め、途中休憩なしで一気に左端まで塗り、梯子につかまりながら足場から降りて終了です。塗りたてはそれなりにきれいです。
何年持ってくれるかな・・・。
ページトップへ