EVスピーカー + ヤマハキャビネットの改良
radian2216 installeds


buffle insides 友人L氏の強い勧めで知人宅から嫁いできたスピーカーの内部(配線のみオリジナル状態からマルチアンプ用に変更済み)。
各ユニットとネットワークはエレクトロボイス製。キャビネットはヤマハ製。
しばらく聴き込み、改善の余地ありと判断した。バッフルの強度を損なうホーンの取り付け位置にも疑問を感じた。
buffle rib installed 手始めの改善策として写真のようにバッフル板にリブを追加してみたが目立った効果は無かった。
次にホーン8HDに代えてJBLホーン(ホーン2730A+ドライバ2426)を外付けで鳴らしてみたが、中音が良くなっただけで低音は改善しなかった(当然?)。
ribs added 次にキャビネット後面と両側面中央部にリブを追加し、それぞれのリブを連結してみた。改善の効果は感じられたが、大きく重いキャビネットと口径38cmウーファーの音としては物足りなかった。バッフルを頑丈にすると同時にJBLホーンを内蔵するための大手術を敢行することにした。
buffle reformed 写真下:ホーンの取り付け位置を変更するためにバッフル上部を12mm厚の合板でサンドイッチ状態にしたところ。
reformed with sp15a inside 内部はオリジナルに比べて写真のようにすっかり変化した。バッフルは頑丈でさらに重くなり、各ユニットも一直線上に並んだ。
ツイーターは元穴の関係で中音ホーンとウーファーの間に取り付けた。
reformed with sp15a その後マルチアンプ駆動をやめ、テクニクススピーカーSB-7のネットワークをレストアして組み込み、シングルアンプ駆動に戻した。
この時点でかなりの改善効果が確認できた。ここまでかなーという感じはしたがまだ物足りなさが残った。
radian2216 installed この頃バックアンロードホーンスピーカーが完成し、その音がかなり良かったため、場所をとるEVスピーカーの改良はあきらめて処分することを考えた。
が、どうも古いウーファーが怪しいと思うようになり、最後の改善策として手ごろな値段で入手できたRadian2216を組み込んでみた。写真で見ても分かるようにコーンに艶がある新しいユニットだった。
結果は二重丸!バスレフの音ながら大キャビネットと大口径ウーファーの音が楽しめるスピーカーになった。苦労が報われた感じがした。
資料
● ネットワーク:クロスオーバー周波数 800Hz、6000Hz
● ツイータ:EV T350 3.5kHz~15kHz ±3dB
● JBLホーン:800 Hz~20 kHz response
● ウーファ:Radian2216 40~3.5kHz voice coil径10.5cm
 

    雑 感

38cmウーファーを備えたスピーカーシステムが我が家にやってきたときは興奮しました。が、上に書いたようにそれなりの音になるまでは手探りの長い道のりでした。
おかげで工作を楽しみながらスピーカーシステムのキャビネットのことをいろいろ学ぶことが出来ました。
現在はこのシステムは6CA7アンプ同様、比較試聴用に居間に鎮座している状態です。詳しくは「BUHSPその1」の評価に記してあります。

    解 体(2017/07/18追加)

scrapping1 この中身の各スピーカーユニットを移植したノーチラスD.I.Yヴァージョンが完成したことに伴い、キャビネットをどうにかしなくてはならなくなりました。立派な箱ですが大きいこともあって使い道は有りません。思い切って処分することにしました。

写真は吸音材をはがし始めた時の様子です。吸音材はコの字の釘(ホッチキス?)で留めてありました。グラスウールが使われており、かなりチクチクする作業になりました。不燃物としてごみ処理しました。
中央部のリブと連結材は追加したものです。今思うと音の改善に効果があったのはバッフル板の強化とウーファーの交換だったようです。
scrapping2 二つ目の箱の解体風景です。要領が分かり、このように先ず真っ二つにしました。

釘、ねじの取り外しが面倒でした。見落としがあり、後で見ると丸鋸でコの字の釘が4本切断されてました。

思ったより時間がかかり、夢を与えてくれた「EVスピーカー + ヤマハキャビネット」とのお別れの儀式(解体作業)は日没時までかかりました。夕食時に妻と分け合った缶ビールが残業手当でした。


ページトップへ