蛍光灯照明器具
fl lampss
書斎の蛍光灯照明器具の一つがある日突然灯かなくなりました。故障原因を探ったところ、蛍光管をはめ込むソケット内のリード線の半田付け部分の剥離が見つかりました。蛍光管や点灯管の寿命が尽きることはよくあることですが、半田付け部分の剥離を経験したのは初めてです。
例によって照明器具を取り替える前に修理にチャレンジしてみました。うまくいきましたので修理過程を紹介します。
done 照明具を外して修理しました。外さないで出来ないかと算段してみましたが、無理だと判断しました。
写真は修理後の様子です

button 当然ですが最初に壁のスイッチをOFFにして作業を開始します。
器具を取り外すためにまず最初にカバーを外します。写真の緑色のサークルで示したボタン(両側にあります)を押して外します。少し力がいる場合があります。ご経験の方もおありでしょう。
naked カバーと蛍光管を外すと写真のように器具がむき出しになります。器具は白色、水色、黄色、緑色のサークルで示す4本の木ネジで天井に取り付けられていました。4本のうち、緑色の木ネジは最後に、外さないで少しだけゆるめます。理由は電源コードの説明の次の写真で説明します。
ネジを外す前に紺色のサークルで示した電源コードを外します。
実際に行う方はくれぐれも壁のスイッチ、ない場合はブレーカーをOFFにすることをお忘れになりませんように!
cords on 電源コードの接続部分です。
器具の中心部の穴から電源コードが引き出され、器具に接続されています。コードは他の配線器具同様、バネの力で外れないように保持されています。
ページトップへ
cords off この器具の場合、緑色のサークルで示した溝のある四角いボタンを押した状態で電源コードを外します。道具はマイナスドライバーを用いました。少し力を入れてボタンを押すとコードはすんなりと外せました。コードを挿入する時はボタンを押す必要はありません。いわばワンウエイクラッチになっています。
この作業が済めばいよいよ器具を天井から外すことが出来ます。
last screw 上にも書きましたが、4本の木ネジの中、先ず白色、水色、黄色(順不同)のネジを外します。
緑色のネジは予め天井の所定の位置にねじ込み、器具を取り付ける時にこのネジに器具を引っかけ、他の3本のネジを取り付ける時に両手が使えるようにする為のものです。
今回は器具を外しますので、逆にこのネジは最後にゆるめます(外しません)。他の3本のネジを外し、この最後のネジを少しゆるめ、両手で器具を持って下方向(写真の場合)にずらすと外れます。
socket off ここからは器具を下に降ろしての作業です。
爪を起こして不具合が生じた蛍光管のソケットを外します。
リード線は写真のようにきれいに!剥がれていました。
ページトップへ
solder came off 剥離した半田付け部分のアップ写真です。どちらもきれいに剥離しています。こんな風に剥がれるというのは製作時に金属面の下処理が十分でなかったのでしょうか?
composit parts 外したソケットの構成部品です。半田が剥がれた金属片(モーターのブラシに相当する部分、以下ブラシ)は磨いてあります。磨く前は半田付け部分が黒くなっていました。
solder ready ブラシの拡大写真です。
resoldered 半田付けし直したリード線とブラシです。
リード線の半田付け位置と角度に要注意です。次の写真のように組み付けられるようにする必要があります。

ページトップへ
reassembling1 ブラシをソケットの外枠の所定の位置に収めた様子です。
reassembling2 ブラシが外れないようにする中枠を入れます。
reassembling3 中枠が外れないように薄いプラスチック製の蓋を取り付け、ハトメで押さえます。

ページトップへ
reassembling done 組み立てたソケットを元の位置に収め、爪を戻して固定します。修理完了です。
この後、照明具を天井に取り付け、電源コードをコネクターに差し込み、蛍光管を取り付け、カバーをかぶせれば作業は終了です。
最初の写真が修理完了後の様子です。

 あとがき

白熱電球と同様に蛍光灯も早晩製造されなくなるという報道がありました。店頭には蛍光灯照明具に取り付けられるようそれぞれのサイズのLED電灯も売られるようになりました。ダミー点灯管も売られています。寿命は蛍光灯の倍以上、消費電力も1/3以下とうたわれています。
しかし値段は20Wの直管の場合、数倍から15倍ほどです。このままの値段ではわが家ではLED電灯への移行は蛍光管の販売停止後(私の死後?)になりそうです。


ページトップへ