車庫の改築
new garage doness



old garage 父が建ててくれた車庫兼物置です。設計は住居と同じ設計士の弟に依頼しました。写真は改築後のものです。

隣家の新築によって西側のスペースがなくなり、南側の壁を引っ込め、南から車が入れるようにする改築をしました。
自転車が見えているところは自転車置き場です。

屋根に乗っているのは1981年に設置したSANYOの太陽熱温水器です。設置業者に修理を断られ、自分で修理しながら維持しています。2016年現在も健在です。
new garage1 1メートルほど内側に南壁を移動することにしました。
基礎工事を終えて柱を立てた状態です。木材はホームセンターで調達し、ライトエースの屋根に積んで運びました。
inside 内側の造作の様子です。
new garage2 内側の造作が終わり、古い壁を取り去っているところです。
old wall removed 改築後の姿が分かる状態になりました。
shutter installed シャッターをつけてもらいました。
業者の方は事前に採寸にみえました。 電動開閉装置はかなり高価だったのであきらめました。
当時は楽に開けられましたので、特に必要とは思いませんでしたが、最近は年を取ったせいで痛切に電動開閉装置の必要を感じています。
new garage done 完成した外観です。当時は鼻先が写っているロードスターの車庫でした。
今は私の工房兼車庫になっています。ロードスターはカミさん用のデミオに姿を変えました。
この後、前にコンクリートを張ってもらいました。
before reformation 改造前の様子です。
車がハンドルを切って曲がれる余裕はありません。
workshop corner 内部に設けた工作デスクの様子です。

   改築後の雑感

かなり大掛かりの改造工事になりました。自分でやることになったのは、大工さんの見積もりが予想以上に高くてびっくりしたからです。人間ビックリすると意外な力を発揮するものです。小さい頃から父の大工仕事を見ていたからでしょうか、作業は順調に進みました。
時間はずいぶんかかりましたが、大工仕事がこんなに楽しいものだとは思ってもいませんでした。それまで知らなかった自分を発見したような気がしました。蛙の子は蛙とはよく言ったものです。
ページトップへ