むくの木の枝落とし
trunk and braches beforess



trunk and braches before

わが家には大きく育ったむくの木があります。6月頃の写真です。夏の間、私の大好きな素晴らしい木陰を提供してくれます。しかし木が大きくなりすぎて毎年秋に行う枝払いが年々大変な作業になってきました。 元気なうちにこの大木の上の方の枝を落としておこうと思い立ちました。

切った後の処理作業を考え、天気が2-3日安定する日を選んで実施日を決めました。



cut to naked

写真は懸案であった幹・枝落としをした後の様子です。
高いところに枝が伸びないように、且つ木陰が十分にできるように幹や枝を切り落としました。幹の上部全体の切り落としは危険度が大きいので控えました。使用した道具は電動レシプロソーです。

切った部分が落ちないようにビニールロープで縛り、作業には安全を心がけましたが完ぺきではありませんでした。太い幹の部分を切った時にそれがブランコ状態になって足に当たり、くるぶし部分が腫れ上がりました。切られた木はもっと痛かったと思うので、痛み分けになりました?
また、直接切り落としてもいいだろうとロープをかけずに切った部分が途中の枝に当たって思いがけない方向に跳ね、下にあったタンクに当たって蓋の一部分を壊してしまいました。生木の重さを思い知らされました。油断大敵です!


branches on the ground 切り落とした枝や幹の様子です。車庫の前を埋め尽くした感じになりました。天気予報を見て日程を決めたので雨の心配はなく、処理は次の日にすることにしました。
branches disposed 太い幹や枝を処理した後の様子です。垣根や別の木々の分もありますが、可燃ゴミ袋を数えたところ21袋有りました。

わが市の可燃ゴミ収集日は週2日あり、一回について各家庭3袋まで出せます。全部出し終わるまで一か月半近くかかりました。
丸太部分は時間をかけて乾燥させて軽くし、別の機会に細かく切ってゴミに出すことにしました。
mukutree down view 次の年の枝ぶりの様子です。木には申し訳ないのですが上には伸びず、下で広がる期待通りの枝ぶりになってくれました。
また、左の畑側の枝も伸びないように払ってあります。秋の枝払いも楽にできそうです。
mukutree viewed up 下から見た枝ぶりです。文字通りの緑の木陰です。
mukutree shade from inside 車庫兼工房の中からの様子です。例年通り、私のお気に入りの木陰が出来ました。
屋外での工作やバーべキューに最適の場所です。
この木陰は工房の中も涼しくしてくれてます。


ページトップへ