アマチュア無線用アンテナ&鉄塔(1)
antenna painted


antenna painted

welding done
アマチュア無線用のアンテナとタワーです。おもにDX(外国との通信)用に建てました。
アンテナの取り付け位置までの高さは16.5mでした(現在は撤去してありません)。製作には数か月かかりました。溶接が上手になりました。
基礎は建築資材屋にダンプで砂と砂利を運んでもらい(確か4トン車5台分だった記憶があります)、父と弟に協力してもらってコンクリートをこね、タワーの1m分を埋め込んで土台としました(今も残っています)。






地上は、下から5m×2個、3m×1個それに最上部に手すり付きの作業台を設けた2mのブロックを作り、丸太を縛り付け、2個の滑車を使って上の部分を順次引き上げて組み建てました。ロープは普通トラックで引っ張りました。
写真は溶接が終わった5m×2ブロック、3m×1ブロックです。背景は旧自宅です。 建てるときは無線仲間の大竹君が手伝ってくれました。
lifting anntenam アンテナは2級局の開局を機にTA33Jrに替えました。その取り付け作業風景です。
旧アンテナ(上の写真:自作の21MHzバンド用の3エレ八木)は仲間のNOI局に嫁入りしました。ブームにはガス管にエレメント取付部を溶接し、エレメントは市内のアブ伝でアルミパイプを調達してつくりました。
tower 築12年後のタワーの全景です。
製作に際して送電線の鉄塔や火の見櫓を見て回りました。
完成後は台風のたびに心配し、毎年錆防止の為のペンキ塗りが大変でした。
1994 tower removal 1994年4月21日、長い間連れ添ってきたタワーを業者に頼んで撤去してもらいました。かなり強い台風にも見舞われましたが、撤去されるまで、24年間立派に役目を果たしてくれました。感謝と寂しい気持ちで撤去を見守りました。
ページトップへ