容量(コンデンサー)放電型点火装置
underfloor ventilator


igniter コンデンサー放電型の点火装置です。トランジスタを用いたDC-DC回路で昇圧した電気をコンデンサーに貯め、それをサイリスタでON、OFFしてプラグに火花を飛ばすものです。愛車のスバルレオーネにつけて走っていました。
当時はガソリンエンジンの点火にはケタリング式と呼ばれる消耗(劣化)の早い金属接点(ポイント)が使われていました。ポイントの消耗を改善するため、流れる電流をmAオーダーに減らし、かつ強力な火花を飛ばすことが出来ました。。
これは自作最終型で、製品化された昇圧トランスとセルスタート時の電圧低下に対応した放電回路を採用しています。動作は安定していました。これ以前にトランスを自分で巻いたものをいくつか作って楽しんでいました。
時代が変わり、レオーネ以降の車には電子点火装置が当たり前に搭載されるようになり、この装置はお役御免になりました。