温水器切り替え電磁弁
e valvess

       わが家ではお湯の供給に太陽熱温水器とガス湯沸かし器を用に応じて切り替えて使っています。
       電磁弁とチャッキ弁取替に関する記録です。

e valve 太陽熱温水器を設置した時はソレノイド弁が付けられていました、或る時切り替えがうまくいかなくなりました。
当初弁の故障を疑い写真のモータ回転式のものに交換しました。が、残念ながら弁は壊れてはおらず、水撃から温水器を保護するためのチャッキ弁(キッツ製品)が摩耗し、中で引っかかっていたのが原因だと後で分かりました。
check valve チャッキ弁はリフト式の左図の様な構造のものでした。図はキッツの製品情報(部分)のコピーです。
弁とその受け座部分が摩耗し、弁体の垂直動作のガイドとなる蓋の穴から弁体が外れ、斜めの状態で下の穴の途中に引っかかってしまったのが原因でした。
臨時措置として弁体の上の棒の部分を3mmほど付け足して長くしました。
加工の材料には手元にあった棒と同じ径の真鍮の管を用いました。棒の先端を細く削って真鍮の輪をはめて半田付けしました。この措置はかなり長い間有効でした。半田は鉛フリーを用いました。
その後チャッキ弁は交換しましたが交換の前にあらかじめ上の措置を施して取り付けました。その後かなり年月が経過していますが、トラブルは起きていません。
change switch 当初のスイッチは電磁弁の電源ON、OFF用に流用し、下に電磁弁操作用としてトグルスイッチを追加しました。
当初のソレノイド弁はON、OFFだけすればよかったのですが、モーター回転式は正回転、逆回転操作が必要のため、6極2投のスイッチが必要でした。

   雑 感

切り替えが不良になった時、業者を呼んで見てもらい修理を頼んだのですが関連設備の入れ替えを勧められ、なんだかんだと修理は引き受けてもらえませんでした。埒が開かないので発奮し、自分で修理することにしました。
チャッキバルブの構造や銅管の半田付けの要領などを学んだ工作になりました。