オーディオシグナルジェネレーター
signal generator
ワンチップでサイン波、三角波、矩形波が出せるICを用いたオーディオ信号発生器です。

signal generator 当時まだ内容がよく分からないまま回路図をなぞって作ったため、低い周波数での波形の歪が大きいのが欠点です。電源の改良で改善できるかもしれませんが、そのままになっています。
デジタル表示回路と部品はハム仲間のH氏に用意してもらいました。
今でも使っています。
user manual 縮小表示のため見づらいですが手書きの操作説明書です。
沢山の機能を統一感の無い幾つかのSWとボリュームに割り当てており、操作性を考慮したパネルになっていません。
使用頻度が低いので使うたびにこの説明書が必要です。
display board デジタル表示基板斜め上方から見た内部です。右側が前面です。
小さめの基板に組んだ信号用のバッファアンプがLアングルを介して後面パネル内側に付加されています。
一つで済ませられる電源トランスを二個使っています。理由は分かりません。一つのトランスで二つの定電圧回路を作ることに思いが至らなかったのかなあ?
当時は設計図を描かずに製作していました。操作パネル同様部品配置にも統一感がありません。
oscillator board 信号発生器基板です。左側が前面です。
信号発生用ICの放熱板を銅板を曲げて作っています。今見るととても不細工です。