ままごとキッチンカウンター
kitchen counterss

カラーボックスを利用したままごとキッチンカウンター


fully assembled2 ままごとキッチンカウンターを作りました。二歳半の孫娘へのクリスマスプレゼント(2015年)になりました。私は製作担当で、費用負担は孫娘の母親(私の娘)です。
写真のような外観になりました。何でもそうですが、初めての製作は学ぶことが多くあります。一台だけの場合は学習成果を生かして改良することができないのが残念です。

製作工程
sink hole1 カウンターの天板にシンク用の穴を開けているところです。小さい穴な水栓取付用です。シンクはステンレスボールを使います。
天板の素材は檜の集成材、衝立部は合板です。
カラーボックスから数ミリづつ左右にはみ出ます。奥行きも10ミリほど大きくして手前部分が軒のように出るようにしてあります。
sink hole2 完成した天板です。クリア塗装で仕上げてカラーボックスに取り付けます。
久しぶりの穴あけのため、表裏両側から開けるという鉄則を忘れて一気に開けたために裏側の切り口端が見にくくなりました。
sink hole3 カラーボックスの方にも同じサイズの穴を開けます。素材がパーティクルボードのためあけにくい作業です。
door1 12ミリ厚の合板から扉板を切出したところです。少々重い感じがしましたが、結果は問題ありませんでした。蝶番を取り付けるにはこの厚さは必要です。
切出した板は角に軽くペーパーをかけます。めくれるのを防ぐためです。
door polish 表面を磨いているところです。縁がちびないように注意が必要です。
door polish2 木口を磨いているところです。この時点で特に上の内側角に安全のために丸みをつけるべきでした(反省。今回は反省多数です)。
door painted white 白く塗装したところです。このあとマスキングして赤い部分を塗装します。うまくいきましたが、写真を撮るのを忘れました。
ページトップへ
hinge hole1 塗装済みの扉に蝶番を取り付ける溝を彫っているところです。本来塗装前にすべき作業です(反省)。
この時は左右を間違えていることに気が付いていませんでした。気合を入れて溝を掘ったのですが、細かい作業は無駄になりました(大反省)。
板厚が12mmしかないので蝶番の下穴は厚さの中央部分に丁寧に開けます。強度を上げるため、蝶番の取付は長めの木ネジ(25mm)を使います。
shelf board 棚板の工作です。扉と同様に角に軽くペーパーをかけ、磨いて塗装します。
shelf catch 棚受けの板を作っているところです。見えないところの部品ですので、軽く磨いて塗装します。
range window1 オーブンの蓋を作っているところです。中をくり抜き、塗装した後、表にアクリル板をつけて窓のようにします。
12mm厚の合板では厚すぎるので5mmと3mmの合板を張り合わせました。1.5mmのアクリル板と合わせるので最終的には9.5mm厚の蓋になります。
range window2 やすりで細部を仕上げているところです。
range window mending ちびた部分を木工パテで補修します。3mm厚の合板は少し古い残材を使ったため、角のはがれが何か所か生じました。
painting black 仕切り版の内側になる部分とオーブンの蓋を黒く塗装します。
ページトップへ
partition ready 塗装の後、棚受けを付けたカラーボックスの仕切り版の様子です。
plates and nobs オーブンの回転盤、カウンターの上のレンジ、火力調節ツマミの部品です。ツマミ以外はスピーカー工作の残材利用です。
half assembled 天板、火力調整パネル(ツマミは回せます)、オーブン蓋、水栓(傷防止に袋をかぶせてあります)、脚を付けた様子です。
leggs 脚部分です。移動に便利なよう、後ろ側にキャスターを付けました。先ずキャスターと前脚を一枚の板に取り付け、そのユニットをカラーボックスに取り付けます。
脚を板に付けて取り付けるのは、板の木口に筋交い取付用の金具を取り付けるためです(次の写真と説明参照)。
ページトップへ
back view 左右方向のぐらつきを止めるために筋交いを入れました。カラーボックスはそのままでは少しぐらつきがあります。この筋交いでしっかり感が出ます。
筋交いの下端を固定する部分を丈夫にするため、金具をつけてあります。カラーボックスに使われているパーティクルボードなどのもろい材質を補強するためです。
sink close-up シンクと水栓部分です。水栓が大きくてアンバランスですが、孫娘は気にしませんでした。
under sink inside シンク下の収納部分です。左扉の中は3段になっています。
oven inside オーブンの内部です。回転盤(手で回せる)があります。
扉(蓋)は水平位置で止まるようにチェーンを付けました。これ以上開けると蝶番の取付部が壊れます。(案の定壊れました。孫がカウンターの上に乗るための足場にしたそうです。蝶番を修理し、チェーを両側に付ける対策を施しました。)
けが防止のため、扉の四隅は丸く面取りしました。
delivered 完成した外観です。納品先で撮影したものです。



製作後記

何とかクリスマスイブに納品できましたが、少し急いで工作したため改良・反省点が多く生じました。 1 棚板の納品が遅れました(車への積み忘れ)。
2 オーブン蓋の角がとがっていて危険なため、円く面取りし修正しました。扉の上・外側も同様の措置を施しました。
3 左扉の取り付け部分に補助板を設けました。当初は仕切り版に直接取り付ける予定でしたが、扉を開けた時に火力調整パネルとオーブン蓋に干渉するため、設計変更しました。
4 左扉取付補助板の塗装を急いだため、赤の発色が悪くなりました。扉部分のように先ず全体を白く塗装した後、マスキングして赤を塗装すべきでした。
5 工作に熱中したため要所の写真撮りを忘れました。
追伸 しばらくしてから扉を含めた本体全体の安全対策が不足しているとの報告がありました。すべての角ばった端部を大きく丸める必要がありました。対策として要所にゴムや柔らかいプラスチック製のセイフティ―製品の張り付けを考えています。
ページトップへ


主要部品表

カラーボックス W:420 D:29 H88.5 山善三段白GCB-3 ¥2000(送料込) 蛇口 A-Omega黄銅メッキ混合栓X000CTC51L ¥2160(送料込) ステンレスボール ¥480 檜集成材(天板)  ¥1380
合板 12mm厚 カラースプレー白3本@ ¥848 カラースプレー赤1本 ¥748 カラースプレー黒1本 ¥748 ゴムキャスター25mm ¥88×2
扉マグネットキャッチ ¥238×1、 ¥98×2 蝶番 @ ¥128×3 取っ手クローム¥190、木製 ¥180×2 透明アクリル板 サイズSS 1.5mm厚  ¥448

ページトップへ

設計図


play house kitchen ページトップへ