ヒトセンサータイマースイッチ
installed

トイレで暖房器具を使っている家庭は少なくないと思います。わが家では電気温風機を持ち込んでいます。冬には欠かせません。
問題はスイッチの切り忘れです。誰もいないのに長時間無駄にトイレを温めることがたびたびあり、赤外線センサー利用のタイマースイッチをつけようと思い立ちました。秋月電子で部品を調達しました。

inside センサースイッチ基板、トランス、15A半導体SW、ヒューズ、直流電源、アウトレットコンセントをアルミケースに組みこみました。センサーは基板中央についています。
installed in toilet 写真のように設置しました。本体にアルミの棒をビス止めし、その棒をタイルに両面テープ付けしてあります。
半導体スイッチの耐久性が心配でしたが、1.2kwのヒーターでも問題なくON、OFF出来ています。実際には300W、600WのON、OFFが多いです。

赤外線センサーの特徴でしょうか、夏(送風機用に使用します)は感度が鈍くなります。ONのタイマー時間は試行錯誤の結果100秒ほどにしました。その都度スイッチは切れますが、誰もいなくなった時に出来るだけ早く切れることを優先しました。切れた時は体を少し動かして動作させます。
人がいる時にON状態を保持する基板も試しましたが、どういうわけか感度が悪く使い物になりませんでした。
ページトップへ