ソーラーフットライトの修理
solar footlight wholess


solar footlight whole わが家は道路から玄関までのアプローチが長く、夜になると足元が不安内です。そのため、写真のような太陽電池内蔵のフットライトが三つ設置されています。あまり役に立っているとは思えませんが、折角カミさんが買ってきたので使っています。
2年ほどしてそのうちの一つが点かなくなり、修理を頼まれました。
ランプの存在が分かる程度の明るさしかないので、あまり気のりはしなかったのですが、内部を見てみることにしました。
solar footlight components 全体は写真のように三つの部分で出来ています。頭部は、はめ込んでカチッと止まるまで回して固定できる構造になっています。
ソーラー電池の付いている頭部には機能部品が収められていますが、裏側に二本のビスで留められている底板部分にすべて取り付けられています。
solar footlight cell check 早速分解して電圧をチェックしてみました。0.7mVでした。電池がいかれているようです。
ソーラー電池は光を当てると電圧が上昇し、機能していました。
solar footlight new cell 試しに手持ちの電池を使ってみるとLED点灯しました。というわけで新しい充電電池に取り換えて修理完了と思いきや、動作が不安定です。
solar footlight switch 内蔵されているスライドスイッチの接触が悪いようなので、ケイグで復活を試みましたが、まだ動作が不安定でした。
solar footlight ic pin 基板をよく見ると半田付けが怪しいICピンが一つありました。写真では基板下側に四つ並んでいる半田付け部分の一番左です。このピンの半田付けをし直し、修理完了です。
solar footlight mended 写真のように安定して点灯するようになりました。ソーラーセルに一定以上の光が当たるとLEDは消灯状態になります。
ON-OFFはソーラーセルの電圧で制御する作りになっているようです。

あとがき

今回の修理は修理のための修理でした。
購入者に価格を確かめたところ、一本300円ほどだったとのことでした。しかし修理に要した費用(新しい電池代)が598円/2本でした。充電電池(単四ニッケル水素電池)は二本一組でしか売っていないので、今のところ一本は無駄な購入です。
しかし半日楽しんだ修理をお金に換算すれば十分に価値のある今回の修理であったと自分の価値を(過大?)評価しています。
ページトップへ