便器ガスケット交換(汚水、悪臭漏れ修理)
estima dashboards
トイレの排水パイプと便器の接続部のガスケットを交換しました。
理由は便器と床の間から水が出てきたからです。ガスケットの不良は長らく悩まされていた悪臭の原因にもなっていたようです。修理してそれが分かりました。
下の写真は我が家のトイレです。一階と二階に同じものが一つずつあります。一階トイレは悪臭が強く、二階トイレは水漏れが発生しました。今回まとめてガスケット交換しました。築35年で初めての修理です。
トイレの悪臭の原因場所は便器の据え付け部ではないかと疑ってはいました。業者に一度みてもらおうか、それとも自分でやってみようかと逡巡していましたが、漏水が発生して待ったなしの状況になり、今回の修理に踏切りました。
以下修理の様子です。D.I.Y.諸兄の参考になれば幸いです。

toilet whole 修理の手順は次の通りです。
1.止水栓を閉じる。
2.一度便器に水を流してタンクを空にし、その後便器の水を抜く。灯油用の手動ポンプを利用しました。
3.タンクからパイプを外し、タンク底のナットを外し、タンクを外す。
4.温水洗浄便座のタンクの水を抜き、便座を外す。(当ウェブサイトの「パナソニック温水洗浄便座DL-EXD10」を参照)
5.便器を外す。
6.ガスケットを交換する。
7.すべてを元に戻す。
以上項目はすっきりしていますが、作業は大変です。途中予期せぬトラブルも発生しました。相手が相手だけにビニール手袋や大きめのビニールシート等も必須です。作業中の悪臭対策も必要です。
stopper 写真はタンクに水を供給しているフレキシブルパイプがタンクにつながっている部分です。タンクの蓋は外してあります。
フレキシブルパイプは洗浄便座への分岐栓を介して止水栓につながっています。
フレキシブルパイプをタンクから外すとき、パッキンを落として無くさないように気をつけます。
tank bottom 外したタンクの底の様子です。二本のボルトは便器への固定用です。ナットはすんなりと外れました。ガスケットも弾力性が残っていました。
タンクの底にはどうしても水が少し残るので、バケツや雑巾を用意して床にこぼさない工夫が必要です。

ページトップへ
base fixing bolt 便器を固定しているボルトの様子です。ナット、化粧キャップは外した状態です。右が便器の前方です。反対側も同じです。
便器を床に固定しているのは後部(左)の小さいボルトです。
このボルトに関わるトラブルがありましたが、それは最後に別項を設けて紹介します。
前部のボルトは便器に排水パイプを密着させているもので床とは離れています。
この時点で便器の位置をマーキングしておきます。見えにくいですが手元にあった黄色いマスキングテープを使いました。便器を一発で所定の位置に据えるために必須です。失敗するとガスケットを駄目にして水漏れの原因になります。

washing base 洗浄中の便器です。便器の水はポンプで抜きますが、かなりの水量が内部に残ります。運ぶときに傾けるとこぼれます。
この作業は風呂場などではできないと思います。使用年数によるのでしょうが、汚物が出なくなるまでには何回もひっくり返して洗う必要がありました。
洗浄が終わったら乾燥させます。

ページトップへ
old gasket2 悪臭が強かったトイレのガスケットの様子です。上の写真に見える便器底の排水口の出っ張りがこのガスケットの内周縁を押さえつけて密着する構造になっています。
分かりづらい写真ですが、便器との密着が劣化し、汚水が染み出る状態になっていました。
便器を外すときに気づいたのですが、ナットが緩んでいた可能性もあります。便器の取り付けにガタがあるとガスケットを揉んで傷めてしまうので要注意です。
removing gasket ガスケットを剥がしている様子です。丸めた紙は悪臭防止用の蓋です。
マイナスドライバーで下からめくり上げるようにして剥がしました。
少し時間をかけてフレアー状になっている排水パイプの上縁部と真鍮製の密着リングの表面からパテをきれいに取り除きます。
new gasket 新しいガスケットの写真です。ネット通販で購入しました。二個+送料で1194円でした。
型崩れしないように厚紙のリングが添えられていますが、内面にネバネバのパテがくっつかないコーティングが施されています。これは取り付け作業に便利です。

ページトップへ
shaping gasket 上の写真の状態のガスケット(パテ)を缶詰のパイナップルのように平らな輪にして排水口に取り付けます。この時厚紙リングを適当な大きさに切ってコーティング面でガスケット(パテ)の形を整えます。くっつかないので便利です。
便器を据えるときはマーキングした目印を利用し、便器の排水口が正確にガスケットの内周縁に当たるよう真上から降ろす必要があります。失敗したらガスケットを丁寧に整形し直す必要があります。

anchor holes 便器固定用アンカー穴補修
壊れた便器固定用アンカー穴です。金属製のアンカーは水分の多い地中でボルトと固着していました。便器を外すためにやむを得ず壊す羽目になりました。
アンカーが壊れた時は正直「これは困ったことになった!」と思いましたが何とか補修できました。
左のアンカーは取り残されたボルトの先の部分に4mmのドリルで穴をあけなおし、5mmのボルト用のタップを立て直して生き返りました。
右の穴はアンカーそのものが壊れてしまい、中は空洞になっています。充填用のパテを詰め、新しくアンカーを埋め込むことにしました。
broken bolts 壊れたボルトと充填用パテと新しく埋め込むアンカー(右上)です。
左上のボルトは先端部分が折れてアンカーに残りました。 その右のボルトは下端が金属製のアンカーに固着して一体化し、ボルトがねじ切れる前にアンカーごと緩んで抜けました。ドライバーを当てる頭部はどちらもねじ切れました。化粧キャップ用のねじ穴のために弱かった部分です。
この作業にかなりの時間とエネルギーを費やしました。
パテの強度が出るまでに時間がかかり、このトイレ修理は二日がかりの作業になりました。いつもながらD.I.Y.は予想外の出来事に悩まされます。

 あとがき

便器にはいくつもの種類や取り付け方があり、部品も様々です。型番表示のシールが剥がれて無くなり便器の種類が分からずD.I.Y.修理を迷いました。水漏れが発生し、思い切って修理に踏み切りました。分解してから部品を注文しました。トイレが二つ有るからこそできた冒険です。
結論的には修理に必要な部品はガスケット(パテ)だけでした。便器も排水口が直接排水パイプにつながるもっとも単純なタイプでした。
アンカー損傷は想定外の出来事でした。元のアンカー穴が使えない場合は新しい穴をあけて金属の板を使って固定することも想定していました。元穴を使って補修が出来てホッとしています。
修理作業は結構肉体的にハードでした。二階の便器を降ろして洗浄してまた上げる作業が一番応えました。腰のあたりに2~3日筋肉痛が残りました。
修理して数日たちますが、今のところ便器の据え付けはガスケットを傷めず両方ともうまくいった様子です。

ページトップへ

 再修理(位置決めガイド作成)

残念ながら3ヶ月ぐらい経って便器と床の間に時々また水が染み出すようになりました。正しい位置に設置できていなかったようです。再修理です。
position guide set よく考えてみれば最初の修理に際して床にテープでマークした便器の位置は水漏れが発生していた位置でした!!

そこでドンピシャリの位置に便器が据え付けられるよう「設置位置ガイド」なるものを作りました。

便器の底面の型を取り、合板にその型を写してガイドを作りました。
写真は出来たガイドを慎重に位置決めして床にガムテープで固定したところです。
stool set to guide ガイドには前後と横の位置に、便器をそれに沿わせて降ろすための4センチほどの高さの"ガイド"を設けました。

写真のように便器が収まりました。この時初めてパテのガスケット全体を押さえつける、ドンピシャリの位置に便器を下した感触が体験できました。前回はこれがありませんでした。

というわけで今回は自信をもって「水漏れ修理完成」を宣言します。

ページトップへ