スピーカー (バックアンロードホーン) - 習作版 -

 初めてのバックアンロードホーンスピーカー

このページではスピーカー(バックアンロードホーン) -その1- と、同 -その2- に至る迄に手がけた試行錯誤の過程の一部を紹介します。
experimental_1 m 写真は頭の中に描いたものを形にしたものです。消音ホーンを内蔵する円筒状の台(以下ホーンと呼ぶ)の上にユニットを収めたキャビネット(以下キャビネットと呼ぶ)が載っています。
期待に胸をふくらませて試聴したのですが、出た音はどうにも納得できないものでした。

どこがどう悪いのかわかりません。とにかく可能性を信じて try & error で改良するしかありません。結局ユニットを収めたキャビネットもホーンも大改造しました。
因みに、写真のキャビネットに収めたユニットはテクニクスのSB-RX30から取り出した同軸2wayです。ユニットはボロボロになっていたウレタンエッジを自作の布エッジに張替えました。
edge jig_1 m edge jig_2 m 写真は張り替えるエッジを作成中のものです。ネットの記事を参考に見よう見真似て作りました。
苦労して作ったキャビネットですが、音が悪く、試聴で登板しただけで結局お蔵入りになったままです。原因は??です。
test m

 キャビネット載せ替え


写真(撮影時期が前後しますが)は塗装前のホーン(筒の材料:ボイド管)の上に載せた新キャビネットです。ユニットはテクニクスのSB-3Aから取り出したものです。

さて新キャビネットに交換した結果は?
音は大分よくなりましたが、未だ十分ではありませんでした。
ホーンの改良が必要?!
cones1

 ホーンの改良

写真は最初の内臓ホーンです。実装時は内外とも吸音材で覆いました。これも(私の勝手な)理論通りに働いていない可能性があります。
ということで下の写真のような新しいホーンを作りました。
ページトップへ
inner double cone m ホーンは理想的には真っ直ぐのテーパー状が理想ですが、狭い部屋で使用出来るサイズが絶対条件です。B&Wではオーム貝の形でこの問題に対応しました。これはすでに腕を痛めてあきらめた形で今更戻れません。とりあえず長くする方法を考えました。写真にあるように二重に折り曲げた形にして長さを稼ぐことにしました。

試聴の結果、音の改良は確認できましたが箱鳴りらしきもので?音が安っぽく感じられました。
キャビネットのさらなる改良が必要!

finish ということでさらに新しいユニットを収めたキャビネット(BUHSP -その1- のキャビネット)を作りました。
内臓二重コーンのホーンに載せてみるとかなり満足出来るいい音が出て、ホーンの出来はいいことがわかりました。このキャビネットには12mm厚の合板を二重にし、各コーナーに三角材を施し、要所にリブを多用してあります。

気をよくしてホーンの一部を筒の外に引き出してさらに長くしたホーンを新たに作り、スピーカー(バックアンロードホーン)-その1- を別個に完成しました。

話を戻しますが、折り曲げ二重ホーンはそれなりに使えると判断してこのまま使うことにし、テクニクスSB-3Aのユニットを収めたキャビネットの方を改良することにしました。(改良作業に着手したのは随分と後になりましたが、以下その作業過程です。)

reinforcing panels m

 キャビネットの改良

改良点は二つです。
1.12mm厚の合板一枚のキャビネットを厚く丈夫にする。
2.背の高いスピーカーシステムの欠点である振動ロスを減らす。

ここで言う振動ロスとはスピーカーユニット取り付け部(=キャビネット)が振動板の動きに反動して(逆方向に動いて)振動(音)を吸収してしまうことです。
drying panels m 1の改良策としてキャビネットの板を厚く丈夫にしました。このキャビネットは接着剤で仕上げてあるため内部には手が加えられません。側面と裏面外側に合板を貼り付けました。

左(とその一つ上の)写真は補強板の製作中の様子です。残材利用のため、サイズは妥協の産物です。
reinforced f and r m 左の写真のように出来上がりました。不格好ですが、音を改善することが目的の改造です(言い訳!)。箱は丈夫で重くなりました。

次に2の改良策としてキャビネットの天版に9mm厚の鉄板(約4.4kg)を取り付けました。低音が締まり、よく出るようになりました。不思議なほど豊かに出るようになりました。
(ということは、最初のキャビネットにも可能性が有る!?)

reinforced finished m

 完 成

写真は書斎に設置した「スピーカー(バックアンロードホーン)-習作版-」の改良後の姿です。

最初は情けない音しか出ませんでした。改良後は、これ以上いい音はないのではと思うほどいい音が出ています。これを書いている時点では71Aシングルアンプを使っています。(2016年5月10日記)

  評 価 (まとめ)

B&W社の説明を元に似て非なるスピーカーシステムを作ってきました。工作そのものが楽しいので、ダメ元で十分理解しないまま作り始めました。結果オーライになりましたが、それなりのユニットを手に入れるためにテクニクスやソニーの古いスピーカーシステムを買ったのは今思うとかなりの冒険でした。購入して結局使わず、処分したスピーカーもいくつかありました。
☆ バックアンロードホーンスピーカーを何台か製作してきて以下のことを学びました。
1.キャビネットの板は厚く、全体は重いほどよい。
2.キャビネットにはある程度の容積が必要である。ユニットとネットワークがやっと収まる容積のキャビネットでは音がよくなかった。
3.消音ホーンはほどほどの長さでも効果がある。
4.背の高いスピーカーシステムは(特に低音域で)振動ロスが発生するので対策が必要。鉄板の重り付加は劇的な効果があった。
5.平面スピーカーは概して音が良いが、安物はダメ。
6.木工工作の腕が磨けた。
7.テクニクスSB-3AやソニーのAPM-55Wのネットワークはコンデンサーをオーディオ用の新しいものに交換して再利用した。豊かな低音と伸びのある高音から推して設計時の性能が出ていると思われる。
8.HiFi音で特定の音楽を聞き込むと(私の場合、大のお気に入りのMartha Argerichのピアノ演奏)、以前は聞き取れなかった音の表情(鍵盤を押す指の動き方に由来する?)が聞き分けられるようになる。(*HiFi音=音源に忠実な音を目指した再生音。その程度は様々?)
 ページトップへ