6FQ7+16LU8 A級差動プッシュプルアンプ
16lu8 ss


16lu8 m 完成フロントビューです。
若いころ組んだLUXMAN KMQ60のシャシーを利用しました。
16lu8 parts on chassis m シャシーに部品を取り付けたところ
KMQ60をレストアーしたかったのですが、OPTの断線があり、又50CA10も評判のいい球ではなかったのでシャシーだけを利用しました。
回路は、友人のH氏がちょうどその頃に準備されていた16LU8を終段に使った差動アンプにし、同氏の指導を受けて製作しました。
16lu8 ready for wiring m シャシー内部
シャシー高が十分ではないことと、既存の穴を利用したため配線に苦労しました。
16lu8 wiring m 配線完了後の試運転では、いい音に喜びましたがハムが出て悩まされました。『情熱の真空管アンプ』のアース回路の説明が十分理解できず、退治には時間がかかりました。ボリュームが後ろについていますが、その時の名残です。

    製作後記

ハムの原因の一つは当初シャシーへのアースポイントを左右別にして設けたという、今思えば全くの愚挙のためではないかと思っています。
何日もかかって運よくハムは退治出来ました。運よくというのは、その時はまだ本当に理解していなかったからです。
その後欲が出て、よりいい音(?)を求めて真空管アンプを作り続けることになりました。6AH4アンプが私の到達点になりました。
ページトップへ