32A8→6GW8 6DJ8+6N6P差動PPアンプ
32a8 rev2 ss


32a8 rev m ぺるけ式ミニワッターを作った後、もう少しパワーのある差動アンプが欲しくなり、H氏に頼んで設計してもらったのが32A8を使ったアンプでした。電源トランスは特注品です。
出来上がったアンプの音は残念ながらがさついた感じがし、私の好みの音ではありませんでした。
ピンの接続を変更し、6GW8に差し替えてみました。音は多少滑らかになりましたが、6N6Pには及びませんでした。
32a8 rev m 結局、私がベストな組み合わせと思っていた6DJ8+6N6Pに改造しました。
しかし何度も配線をいじったせいか、6DJ8の性質なのか、6DJ8のプレート電圧と、同プレート電流のバランスが安定しませんでした。
6DJ8のプレート電圧は
(1)電圧安定回路のZDが熱暴走気味になる
(2)6DJ8はぺるけさんが書いておられるようにプレート電流値が不十分
というのが原因ではないかと推測しました。
inside for fan m 上記推測を元に対策を講じました。
(1)の対策として内部にヒートシンクを増設し、空冷ファンを付けました。(次機ではZDの上部に穴を開け、空気が流れるようにしました。)
(2)の対策として6DJ8のプレート電流を少し増やすように定数変更の計算をH氏にお願いしました。
fan back sealed m 空冷ファンは、底板とシャシーの間に入れた木枠で出来たスペースに設置しました。余分な通気用の穴はプラスチックの板でふさぎました。
ファンは電流値の小さい静音タイプを選びました。動作音は殆ど聞こえません。
cooling fan face m 底板外側の様子です。 これらの対策によってZDの熱暴走は収まり、6DJ8プレート間のバランス変動も改善されました。
また、ファンによる空冷は、特に夏の真空管アンプ使用時に安心感を与えてくれるものになりました。

    製作後記

色々と学ぶことになったアンプになりました。一度完成したものを改造すると、原因は分かりませんがどんなに慎重に作業をしても、予想外のトラブルが出ることを知りました。このアンプはそんなトラブルを力づくで押さえつけた改造アンプです。
同じ回路、同じ球を使い、ぺるけシャシーを利用してもう一台作りましたが、そのアンプは素直に動作しています。
ページトップへ