6AH4 A級差動プッシュプルアンプ
6ah4 front ss

真空管アンプ集大成版へのまえがき

初めは手ごろなミニワッターに目が行き、ミニに物足らなくてよりパワーのあるアンプへと目先を変え、このアンプは素通りしていました。
ミニワッターの製作を皮切りに、ハム仲間のH氏の回路設計に便乗したり、わたくし用の特別版をお願いしたりして差動アンプを何台か作ってきましたが、製作を重ねるうちにぺるけさんが発表されるアンプは、その音質と再現性を最大限に考慮して用意周到に準備されたものであることに気が付き始めました。
そうした経緯があってやっと辿り着いた6AH4アンプです。初めにH氏が作り、その音に魅かれて私も作ることになりました。『情熱の真空管アンプ』に6AH4アンプがベーシック・アンプとして紹介されていますが、私はベーシックの意味を軽率にも手始めに手掛けるウォーミングアップ用のアンプと誤解していました。
遅まきながら6AH4アンプは、様々なバリエーションの基(=base)となるアンプ、つまりはそこから始めると同時にそこに戻るアンプでもあることを認識しました。いい音を求めて何台ものアンプをつくり、やっとそれが分かるところまで来た感じがしています。
私のこだわりでH氏には前段を6DJ8に変更した回路を描いていただきました。FET+6FQ7から6DJ8×2に変更した特別バージョンです。初段のプレート電流のバランスが多少不安定ですが、耳で聴く限り音には全く影響していません。mV単位の変動ですので気にしないことにしています。


6ah4 front m

わが家のメインアンプです。

PT、シャシーは特注です。OPTはいつものKA-8-54Pです。出力は4W(/5%歪)弱です。
6CA7及びアンプ・スピーカー切替機のところにも書きましたが、わが家の音楽鑑賞(/8帖洋間)には十分なパワーです。近所から苦情が出そうな音量の時でもVUメーター(100%=4W)の針は20%行くか行かないかです。針の追従性を考慮してもパワーは十分です。
6ah4 tube covered m 昔の水晶発振器の恒温槽の効果を期待してポリカーボネートのパイプをカットしたものをかぶせて保温しています。データを取ったところわずかですが動作が安定するのでこのような措置をすることにしました。
6ah4 with cover m 球のカバーを付けたところです。仲間のF氏が球のむき出しを嫌ってシャシーと一緒にカバーを作りましたが、それに便乗させてもらいました。
おかげで掃除のときに助かっています。
6ah4 wiring シャシー内部の様子です。アンプ製作にもだいぶ慣れてきましたが、このアンプの場合は先に作ったH氏のシャシー内部の写真のお蔭で配線作業がスピーディーにでき、且つ大変楽でした。

むろん、ZDの取付位置にも配慮してあります。。

    製作後記

このアンプが出来てからあれほど気合を入れて作った6CA7アンプを使わなくなりました。同じラックに乗っていますが、今では比較用のアンプになっています。ビロードの手触りを思わせる柔らかくてしっとりとした音は6CA7アンプでは出ません。
費用や部品をおごらなくても良い音の出るアンプが出来る典型的な例を自分で経験することになりました。広さ8帖の居間では6CA7のパワーも必要のないことが分かりました。改めてぺるけ氏と友人H氏に感謝します。
ページトップへ