6DJ8 + 6DJ8 + 6CA7 A級差動プッシュプルアンプ
6ca7 ss


今はそうではありませんが、当時根拠のないパワー信仰から抜け切れず、どうしても出力の大きいアンプが欲しくて作りました。
当初は6FQ7 + 6FQ7 + KT88 アンプとして設計していただき、H氏はその通りのアンプとして完成されました。が、私はH氏宅で6CA7の音を聞き、その場で6CA7アンプにすることを決めました。
当時私はアンプの配線が完了するとそれをH氏宅に持ち込み、そこで初めて球を挿して火を入れ、氏が点検しながらNF量を調整し、特性を測るという作り方をしていました。その球を挿す前の段階で6CA7アンプにすることを決め、結局KT88は一度も挿さずじまいです。
このアンプは少し気合を入れて作りました。完成までに1年以上かかりました。完成後しばらくはそのまま使っておりましたが、比較試聴の結果6FQ7を6DJ8に変更し、このページのタイトルのアンプになりました。

6ca7 m 初段、ドライバー段の6DJ8には温度変化を減らす目的でプラスチックの筒をかぶせてあります。それなりにデータを取っての措置です。
OPTはソフトンのRX-40-5、PTはTANGOのMX-280です。
6ca7 bottom panel m シャシーはエヌテクノロジー製です。慣れないCADで図面を描くのにかなりの時間がかかりました。H氏に叱られながらの作業でしたが、おかげでその後はCADが私の欠かせない道具になりました。
シャシーの裏面です。はめ込み式の蓋がぴったりと収まる気持ちのいい出来です。
6ca7 cooling fan m 後姿です。6CA7の発熱量を考慮し、空冷ファンをつけてあります。むろん殆ど音はしない設定にしてあります。
6ca7 wiring m シャシー内部の様子です。
配線完了と同時に6CA7用に回路定数を変更するという事態になりましたが、気合を入れて作ったおかげか、部品の入れ替え作業はきれいにできました。
その後の6DJ8への換装作業がありましたが配線を傷めることなく終えることが出来ました。
6ca7 top view m トップビューです。 プレート電流のバランス調整をし易くするため、センターメーターとロータリースイッチを付けてあります。ツマミの指す方向にある半固定ボリュームでそれぞれのバランスをとるようにしてあります。
6AH4アンプが完成するまで我が家のメインアンプでした。

    製作後記

半田付け不良が一ヶ所、配線ミスが二ヶ所ありました。
半田付け不良は入力端子のホット側という大事な個所でした。おかげでH氏宅に持ちこんだ時は音は出ませんでした。私が帰宅した後でH氏が発見してくれました。
配線ミスは作業を急いだ場所にありました。赤線を引きながらの作業にもかかわらず、配線ミスがあったことは自分ながら情けない限りでした。
ページトップへ