ぺるけシャシー利用6DJ8+6N6P 差動P-Pアンプ
6n6p on perche shassis ss


アンプが複数台になった一時期、マルチアンプでスピーカーを鳴らしていました。中高音用のアンプとして作ったのが6DJ8+6N6Pアンプです。6DJ8と6N6Pの組み合わせは真空管ミニワッターのベストコンビだと思っています。

6n6p on perche shassis m アンプ製作時の一つの悩みはシャシーの調達です。ぺるけさんのミニワッター用のシャシーの説明に球が4本まで載せられると書いてあったのを思い出して頒布をお願いしました。 久しぶりにシャシーパンチを使い、ご覧のような形になりました。色はトランスに合わせて黒く塗りなおしました。
6n6p on perche fm 真空管カバーはミニワッターを作ったハム仲間のF氏からいただきました。 回路は32A8アンプを改造した時にH氏にお願いしたものと同じです。以前の経験を生かし、ZDの上部に通気口を開け、周りの空気がよどまないように取付けました。
6n6p on perche shassis wiring m シャシー内部の様子です。塗装はしてありません。下側の側面内部にはリップルフィルターのFET用ヒートシンク(アルミ板)が張り付けてあります。 白く見えるのはLM317取付用のアルミ板です。

    製作後記

これまでのアンプ作りで学んだことを盛り込んだアンプになり、動作も安定しています。配線作業にも慣れ、シャシー内部の作りもすっきりした出来上がりになったと自負しています。
難点はアルミ製のシャシーが少しばかりやぐいことぐらいです。

ページトップへ