PIONEER FM/AM チューナー TX-6300
tx-6300 catalog photo s

CDとレコード専用であった居間の装置でFM放送を聞きたくなり、ポータブルオーディオプレーヤーやラジカセを繋いでみました。が、音が良くありません。そこで工房で雑に扱っていたパイオニアの古いチューナーTX-6300に登場してもらいました。1975年頃の製品です。以下整備の記録です。


tx6300 before m ホコリを拭いてみましたがご覧のようにきれいにはなりません。上蓋、底蓋、パネル等を外して洗うことにしました。
tx6300 before inside m 購入後初めての分解です。 上蓋を外したところです。当時の同社の機器とサイズを合わせてあるためか内部はスペースたっぷりです。 中はホコリが少しついているだけで意外にきれいでした。ダイヤルの針を動かす糸も艶があって傷んでいません。スイッチ類も全く健常です。 念のためケミコンの種類、値をリストアップしました。
tx6300 back inside m つづいて部品の交換作業を想定し、裏蓋を外しました。ケミコン等の交換も容易にできそうです。

前後しますが、分解の前にFMフロントエンドの調整を想定してサービスマニュアルを探しました。例によって日本語のマニュアルはネット上には見つかりませんでしたが、英語版が見つかりました。 http://www.manualslib.com/manual/911336/Pioneer-Tx-5300.html です。どういう訳か型番が違いますが、外観、部品の配置等TX-6300と全く同じです。
同調ずれや感度低下があったら再調整しようとマニュアルに従ってFMチューナー回路を当たってみましたが、その気配はありませんでした。MPX回路は調整・測定用の専用機器が必要のため、ノータッチです。
後日部品が届いたらケミコンを交換の予定です。が、現状でもいい音を聞かせてくれています。

tx6300 before front m フロントパネルとガラスのダイヤル表示板を外しました。ガラスを留める両脇のゴム部品は経年劣化で割れていましたが、幸いにもガラスの裏面の文字印刷はしっかりしていました。針の位置を2mmほど右に移動させて周波数表示にあわせました。
tx6300 panel washed m 水洗いしたフロントパネルとガラス板を乾燥しているところです。
アルミ製のフロントパネルは表面のクリア塗装が傷み、元のつややかさは戻りませんでした。
ガラスのダイヤル表示版は印刷文字が丈夫で綺麗に洗えました。端の部分のゴムで抑える部分の汚れは完璧には落ちませんでした(見えないところになるので、ほどほどにしました)。

FM放送で音楽を聞こうとすると、電波が弱いとサーというノイズが邪魔になります。TX-6300を復帰させるとき、このノイズを無くすために受信電波を強くする(入力経路でのロスを減らす)ことが必要でした。
手始めに部屋のカーテンボックスに専用のアンテナを設置してみましたがダメでした。結局はテレビ用のアンテナコンセントを利用してNHKの名古屋と岐阜の電波がノイズなしで聴けるようになりました。クラシックを主に聞く私にはこれで十分です。
リモコンはありませんが、聴く局が限られているので特に不自由は感じません。

tx6300 rebuilt2 m 整備後の雄姿?です。
ガラス部分は新品のようにきれいになりました。フロントパネルの斑点状の汚れ?はクリア塗装の傷んだ部分です。これ以上追求しないことにしました。ランプ切れが無くて幸運でした。
後日ケミコンを交換しました。但しICピンのランドに半田付けされているメーター回路のものは安全を優先してそのままにしました。部品を外す時と装着する時に半田ごての熱でICを壊リスクを避けるためです。 音声出力回路のカップリングコンデンサーを交換したので音がどう変化するか注意して聴きましたが、変化は認められませんでした。偶然、和太鼓のライブ録音放送がありましたが、気持ちの良い音に聞き惚れました。
製造から約40年経っています。初期の性能を維持している(?)とすれば驚きです。
booster making

ブーストアンプの追加

その後、チューナー出力を少し上げる必要を感じ、H氏に話したところ、その日のうちに部品発注済みの電圧利得五倍アンプ回路図を送ってくれました(感謝!)。
写真は基板に部品を組んでいるところです。手持ちの端材基板に無理やり押し込みました。
booster installed チューナーの基板の丁度良いビス止め部分を利用してブースター基板を組み込みました。取付には上の写真に写っている小さいL金具を使っています。ノイズを心配しましたが、大丈夫でした。
volume installed 上の状態でしばらく試聴した結果、ブースターの増幅度が大きすぎて音が歪んでいることが分かりました。そこでブースターの入力回路にボリュームを増設し、オシログラフを見ながら増幅度を6AH4アンプの入力許容限度を超えないように調整しました。
調整はやはり耳だけでは無理だと実感しました。音楽鑑賞にはデータに基づいて調整し、精神的な安心感(信頼感)を得ることが必要です。

    整備後記

FM放送が聞けることには大きなメリットが二つあります。 一つは、手持ちの限られた音源以外の音楽はもとより、DJや解説などを通してその時々の新しい情報や音楽にまつわる知識が得られることです。
二つ目は、音のすばらしさです。放送局の再生機器が優れていることに加えて、あるいはそれ以上に、生のすばらしさがあります。これは白状しますが、現在の環境が整ってから改めて確認したことです。
最もHiFiだと思えるのは、スタジオでの生演奏です。次にN響アワーなどの生録番組です。これらの音源を聴くと、CD音源が色あせて聞こえます。

ページトップへ