ビクター QL-Y55F ターンテーブル
ql-y55fss

my audio set わが家のAV機器達の写真です。ラックの一番上に載っているのがビクターのQL-Y55Fです。
私のターンテーブルは次の2つの条件を備えている必要がありました。
1.ワウフラッター値の小さいもの。例えば未完成交響曲にあるような長い絃の演奏が乱れないもの。当たり前のことですが、よく分からずに回れば何でもいいと安物を使っていたことの反省です。
2.私は音楽を聴きながらよく眠ってしまうので演奏終了とともにレコードが停止するもの。


philips turn table (近所のK氏からPhilipsのターンテーブルとトーンアーム(左の写真)を提供して頂き、化粧しなおして使っていたのですが、2の理由のためにQL-Y55Fを手に入れました。年金暮らしの身には針の摩耗は身を削られる思いです。)
これらの条件を満たすものは数多くありましたが、QL-Y55Fは探していた時にヤフオクで見かけて結果として入手に至ったものです。
完動品として落札しましたが、残念ながら実際はまともに動かないものでした。結局ジャンクとして譲っていただきました。出店者には誠意を持って対応していただきました。
当初の不具合、その後の故障とも何とか対応でき、わが家の現役レコートプレーヤーの大役を務めています。
QL-Y55Fについての詳細は次のサイトをご覧ください。
オーディオの足跡「Victor Player QL-Y55F」

inside 初期の状態は次の通りでした。
1.電源は何とか入る
2.テーブルが時々回る
3.針圧がやたら重い(調整できない)
直せる自信も見込みもなく、とにかく無手勝流で分解してみました。
古いことが幸いしました。中身はアナログ回路で、基板の集積度は低く、部品へのアプローチは容易でした。また、制御回路、モーター等に不具合のないことが幸運でした。
1.はタクトスイッチ内部の汚れ、2-3.はガリオームが原因でした。何れも分解し、内部を丁寧に清掃(CAIGに感謝)して治りました。
この先の故障に備え、念のため新しい互換部品もストックしました。

sw board 以下タクトスイッチの修理の様子です。
針圧、トレーサビリティ等の調整用ボリュームが付いているサブ基板を外したところです。
下に電源以外の操作スイッチの付いているサブ基板が見えます。これらを外して部品にアプローチしました。最近の機器にはこんなアクセサビリティーは期待できません。
sw inside before cleaning sw inside cleaned 普通はしないと思いますが、タクトスイッチを分解して中を清掃しました。
左:清掃前(汚れで接点が覆われています)
右:清掃後 です。
再組立ては一回しかできないので、次は部品の交換になります。ボリュームも同様です。
sw before cleaning 左上:プッシュボタン
右上:留め金(蓋)
下:ポッコンペッコンする薄い金属の円盤→カーボン様の黒いもので覆われています。これではスイッチが入らないのも無理有りません。
sw under cleaning ポッコンペッッコンをとがったピンセットでこすり、汚れを荒落とししました。これは失敗でした。金属が薄くなり、プッシュの手ごたえが弱くなってしまいました。が、とりあえず導通回復です。

ボリュームも同様に分解し、摺動面をCAIGでクリーニングし、機能復活しました。
power section 基板端の電源部です。懐かしいハイブリッドICが使われていました。
スイッチとボリュームの修理でターンテーブルは使えるようになりましたが、分解したついでに、無極コンデンサーを含む電解コンデンサー類をすべて新しいものに交換しました。

基板の裏にも後付けしたらしいコンデンサーがいくつかありましたが、当初気がつかず、改めて発注、交換しました。
以上が当初の修理歴です。

後日談

一年ほど後、アームの動きがおかしくなりました。基板にはいくつも半固定ボリュームが使われていました。取り敢えず位置をマークし、すべてクリーニングしたあと、それらしいボリュームを再調整して何とか機能は正常になりました。ターンテーブルの回転制御に関しては全くトラブルがなく、助かっています。
故障はしていましたが、製造年を考えれば無理もありません。逆に修理しながら改めて作りの良さを確認しました。ビクターに感謝!

ページトップへ