パナソニック温水洗浄便座 DL-EXD10


dl-edx10 わが家の温水洗浄便座です。パナソニックのDL-EDX10という機種で、ホースや分岐栓の取付キットがついていました。
大分前から洗浄強さや温度などの切り替えが不安定になっていましたが、ある日ついに使えなくなりました。
結論を先に書きますと、故障の原因は基板が湿った状態に置かれていたことでした。錆び、カビ類のためにスイッチが不良になっていました。
以下修理の記録です。
detaching screws m 自分で設置したものですが、念のため設置マニュアルを参考に次の手順で便座を外します。どうしても水が滴るので、雑巾などを下に敷いておくとよいでしょう。
1.最初に弁座への水栓を閉めます。
2.次に弁座からホースを外します。
3.次にタンクの水を抜きます。
4.便座に向かって右後ろ下のレバーを押して便座を手前に移動させて外します。
弁座が外れたら次の手順で裏カバー(内部に器機が取り付けられている)を外します。写真では便座にキズが付かないよう古布を敷いてあります。
1.ステンレスのネジ4本を外します。赤円位置の3本と緑円位置の反対(表)側の1本です。
2.要所のプラスチックの爪をマイナスドライバーで(慎重に)こじってカバーを分離します。
inside machine m ノズルやポンプ周りに変わった様子がないか内部器機を点検します。(今回はありませんでした。)
ページトップへ
boardss 次に本命?の制御基板を当たりました。アームの裏ぶたのネジを外すと基板にアクセスできます。
注意:制御基板は写真の左上にある二つの白いコネクターで本体と短い制御線でつながっているので注意深く二つのコネクターからプラグを抜きます。
board magnified 観察してみると基板についているほぼすべてのタクトスイッチ(全12個)の足に緑青が出ていました。基板も部分的に湿っていました。
手始めに「おしり」用のタクトスイッチをテスターで測ってみると、押しても導通がありません。
手持ちがないので取り敢えず分解して内部を清掃して再組立てし(ターンテーブルの修理で経験済み)導通を確認して基板に戻しました。
おしり洗浄機能が回復し、使えるようになりました。今回は臨時措置です。ここで一旦終了し、タクトスイッチを注文し、届くのを待って本格的な修理をすることにしました。

後日タクトスイッチを取り換えるとともに、シールを施して防水対策をしました。
DL-EDX10に用いられているタクトスイッチは2本脚ですが、(承知で)購入したのは4本足のため、取り付には足を2本にし、少し無理をして(しかししっかりと)所定の位置に半田付けしました。

slit sealed 左の写真はノズル収納部分です。点検の結果、基板部分に水が入り込む場所は五ヶ所。
ノズルを収納する筒の出口の左右の(少し奥の)隙間二ヶ所と、本体の上カバーと底板の間の隙間三ヶ所以外には考えられませんでした。(*これは間違っていた。「二回目の修理参照」)
筒の左右の隙間はプラスチックの板で塞ぎ、必要な場所を水回り用の接着剤でシール処理し、カバーと底板の隙間も同様の対策を施しました。

便座を元の状態にし、修理完了しました。その後不具合はなく、快適に使用できています。
因みに、我が家のもう一つのトイレにDL-EDX10の後継機種?DL-EG10を設置しました。壊れる前に同様の予防対策を取ろうと開けてみたところ、メーカーにて対策済みになっていました(2015年10月)。

board2

 二回目の修理


残念ながら快適な使用は半年ほどしか続きませんでした。最初と同じ症状が出始め、再修理に至りました。
おなじみの基板の様子です。再び緑青が発生していました。本体に近い部分ほど緑青が多く発生していました(アームの根元から水が浸入?)。
先端のON/OFF用を除き他のすべてのタクトスイッチを交換しました。
ついでに水温設定の表示LED一本(3本づつ2列に並んでいるうちの下列の右端)を交換しました。緑青で足が片方腐食断線していました。
inside covered m 隙間以外からアーム部分に水が来るとすると、観察では確認できませんでしたが、内部の漏水が考えられます。そこでアーム部に水がいかないように二つの赤枠の部分に別々にビニール袋をかぶせました。大きい枠はポンプとタンク、小さい枠はノズル部分です。その右は電源部です。
board covered m 隙間のシール(外部からの水対策)だけでは防水出来なかったので、今回は基板本体もビニール袋に入れ防水しました。
再組み立てして完成です(2016年3月)。その後快適に使用出来ています。



  原因解明・修理(三回目の修理)

便器の修理をする機会があり、ついでにと点検しいて内部への浸水原因がやっと特定できました。真犯人は洗浄水を貯めて暖めるタンクの排水口(とその止水栓)でした。
まさかの犯人で発見が遅れました。以下のような修理(対策)を施しました。

ページトップへ
sealed drain hole 排水口の写真です。周りの隙間をバスコークなるコーキング材で塞いだ状態です。
結果論ですが、この排水口の周りの隙間から水が内部に飛び散ると、基盤を収めたアーム部に容易に水が入り込む構造になっています。
どうしてこんなところで水漏れが発生するのか分かりません。オーリング(SANEIの10という補修Oリングが同サイズ)を新しいのに交換しても漏水は止まりませんでした。
sealed drain hole inside 内側(上側)から見た排水口部分です。隙間はすべてコーキング材を詰めました。
seal taped drain plug 排水栓です。Oリングを取り替えただけでは水漏れが止まらないのでねじ部分にシールテープを巻きました。
バックに見える白く長いものは幅を半分に裂いた残りのシールテープです。
かなり厚く巻いたのですが、漏水は完全には止まりませんでした。少しだけ水が出ますが、もう内部に浸水することはないので、余り欲張らずこの状態で妥協することにしました。

  修理後記

後継モデルでは防水措置がなされていることから推測すると、我が家の使用器がたまたま運悪く故障に見舞われた様ではないようです。修理屋さんが活躍したか、パナソニックに苦情が届いたと思われます。それにしても基板にマウントされている小さなICの丈夫さに感心させられました。基板が濡れ(当然ICも!)、タクトスイッチやLEDがダメになってもそれらを交換したら機能が回復しました。
寿命は約10年と記されています。次はいつ壊れるか観察しながらの使用ですが、ポンプやノズルが壊れるまで最低10年、そして出来ればさらに何年か使えることを願っています。現在はノズルの差動音が大きくなってきています。壊れたらまた報告します。(2016年3月記)
  追 記
最近の便座の様子は問題の場所の水漏れが多くなり、ノズルからシャワーが出るまでに時間がかかるようになっていました。観察してみるとリリーフパイプとは別のところからかなりの水が出ており、再点検・原因解明に至りました。当然、内部に水が飛び散っていました。
足かけ三年に渡った洗浄便座との格闘(大袈裟?)にやっと終止符を打つことが出来ました。
私は修理を楽しみもしましたが、客観的には迷惑な製品ですね。(2016年12月記)

 ページトップへ