漏水修理
crackss



site 水道検針員の方から使用料が突然増えているので漏水してませんかとの指摘を頂いた。以前にも一度指摘があったがその時は地下ではなくソーラー温水器のリリーフバルブの故障だった。

どこで漏水しているのか見当がつかなかった。が、運よく水道管経路の一ヶ所で水がしみ出しているのに気が付いた。

真上に水がしみ出しているとは思わなかったがコンクリートを斫って穴を掘ってみた。
leaking 幸運にも(漏水は不運だったが)塩ビの水道管の一ヶ所にクラックが発生し、そこからおもちゃの水鉄砲のように水が噴き出ている場所を特定することが出来た。

写真では割れ目の上に黒いビニールテープを巻いて水の勢いを止めています。
crack 写真でご覧のようにクラックは継手部分に出来ていた。少し厚手の継手部分がどうして割れたんだろうと不思議に思った。

元栓を閉め、継手の前後を切って外し、新たに継手を2個使用して修復した。
ただ、元栓を閉めても管の中に残っている水がちょろちょろと出てくるので水はすぐには止まりません。水分があると接着剤が効かないので、管の端を振ったりして水を出し切り、十分に乾燥させるのに少し時間がかかりました。
refilled 修理を終えて穴を埋め戻した様子です。
管の下の部分をよく叩いて固めてから上の部分を埋め戻しましたが、管に下向きの荷重がかかり、又クラックが発生しないかと心配しました(その後トラブルの様子はなさそうです)。
ページトップへ